個人情報を含む「承諾書」約6,000枚の紛失が判明(大阪ガス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

個人情報を含む「承諾書」約6,000枚の紛失が判明(大阪ガス)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

大阪ガス株式会社は4月22日、個人情報が記載された約600枚の書類を紛失していることが判明したと発表した。これは4月18日、兵庫地区のガス供給設備を管轄する同社の兵庫導管部が、2009年4月から2010年3月までの間にガス供給管引込工事に際して受領した、土地の使用に関する承諾書を紛失したことが判明したというもの。

同期間中の承諾者から問い合わせがあり、承諾書の保管場所を確認したところ、紛失に気づいた。承諾書は、ガス管を埋設する私道の所有者から埋設の承諾を得るための書類で、承諾者の氏名、住所、電話番号が含まれている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×