サービスのセキュリティレベル、基盤設備の堅牢性等SAPが設定した品質基準をクリア(IIJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

サービスのセキュリティレベル、基盤設備の堅牢性等SAPが設定した品質基準をクリア(IIJ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8日、独SAP社より、ホスティングサービスとクラウドサービスの品質に関して認定を受け、「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」を取得したことを発表した。

 「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」は、サービスのセキュリティレベル、運用に関するマネージメントレベル、基盤設備の堅牢性、サポート体制など、SAPが設定した品質基準をクリアしたサービスを認定する制度。IIJは4月18日付で同認定を取得した。

 IIJでは、「IIJ GIO」を利用するユーザーに対し、クラウド上へのSAP BASIS導入と運用を支援するソリューションを7月より提供する予定。このソリューションは、現在同社が提供している「IIJ GIO統合運用管理サービスblank」をSAPソフトウェア向けに拡張したものとなる。監視機能を強化し、インフラ全般に加えてSAP BASIS固有の運用をサービスとして提供する。

IIJ、ホスティング/クラウドに関してSAPの認定を取得……運用支援ソリューションを提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×