AT&T、ロボホームとセキュリティ技術の「Digital Life」デビュー~「Internet of Things」への踏み込み:米国 15 都市の家の鍵を我々にください(The Register) | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

AT&T、ロボホームとセキュリティ技術の「Digital Life」デビュー~「Internet of Things」への踏み込み:米国 15 都市の家の鍵を我々にください(The Register)

デフォルトのルーティングポイントになることを望んでいるのは、もちろん AT&T だけではない。「モノのインターネット」の構造は、その適用にとって、またそれを制御する我々の能力にとって重要なものになる。

国際 TheRegister
AT&T では現在、Digital Life によるホームオートメーションとセキュリティを推進している。Digital Life は 15 の都市で展開される新しいサービスで、それは米国のテレコミュニケーションの巨人に、さらなる別の市場を開拓させるものとなるだろう。

Digital Life が最初に販売するのは(ホーム)セキュリティだが、アップセルとしてホームオートメーションが販売される。それは AT&T のウェブサイト、および AT&T のハブ(顧客の既存のブロードバンドを介して、携帯電話のバックアップと繋がる)で全てを管理するものだ。同社の意図は、「Internet of Things(モノのインターネット)」の時代が訪れたとき、そのデフォルトのオプションを AT&T にすることである…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×