ビッグデータを解析し精度を高める認証ソリューション(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

ビッグデータを解析し精度を高める認証ソリューション(EMCジャパン)

EMCジャパンは、認証ソリューションの最新版としてバーチャルアプライアンス「RSA Authentication Manager 8」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は5月7日、認証ソリューションの最新版としてバーチャルアプライアンス「RSA Authentication Manager 8」を発表した。最新版では、新たにユーザに属する複数の情報を分析して認証リスクを判定するリスクベース認証機能を搭載している。リスクベース認証は、ユーザのデバイス情報や行動パターンをはじめとする複数の要素を用いてリスクを判定し、認証の可否を決定する認証方式。

ユーザは、日頃使用しているIDと固定パスワードを用いるので利便性が高く、しかも、多要素で判定するため強固な認証が可能。リスク判定に用いられるリスクエンジンはユーザのデバイスや行動パターンに関連して、1ユーザあたり100種類以上の情報をビッグデータとして蓄積、自己学習して判定の精度を高めていく。最新版ではこのほか、管理者向けのダッシュボード画面の提供や仮想化環境への対応、IPv6への対応などが行われている。参考価格は、リスクベース認証も使用する場合で53万円(25ユーザ)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×