中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着、鳥インフルエンザAの対策準備を進める(厚生労働省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着、鳥インフルエンザAの対策準備を進める(厚生労働省)

 厚生労働省は4月10日、中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着したと発表した。同ウイルス株を用いて、ワクチン株の製造準備等、鳥インフルエンザA(H7N9)の対策に必要な準備を進めていくという。

脆弱性と脅威 脅威動向
 厚生労働省は4月10日、中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着したと発表した。同ウイルス株を用いて、ワクチン株の製造準備等、鳥インフルエンザA(H7N9)の対策に必要な準備を進めていくという。

 同省は、中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染者が相次いでいる問題を受け、患者から分離されたウイルス株の分与を中国CDC(疾病予防管理センター)に要望。4月10日22時頃、中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着した。

 今後は、入手した本ウイルス株を用いて、ワクチン株の製造準備等、鳥インフルエンザA(H7N9)の対策に必要な準備を進めていくという。

 9日に世界保健機関(WHO)が公表したH7N9型鳥インフルエンザ感染者は24人。このうち7人が死亡し、14人が重症となっている。現在のところ、ヒトからヒトへの感染は確認されていない。

 同省では、引き続き、情報収集や調査研究を実施し、適切な対応を行っていくという。

中国からウイルス株入手、鳥インフルのワクチン開発へ…厚労省

《楠原 恵子@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×