政府機関のCSIRT体制の整備を受け、PoC会合を開催(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

政府機関のCSIRT体制の整備を受け、PoC会合を開催(NISC)

NISCは、4月10日に開催された「第1回 各府省庁PoC会合」について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は4月10日、同日開催された「第1回 各府省庁PoC会合」について発表した。これは、本年3月をもって政府機関においてCSIRTなどの機能を有する体制が整備されたことから、各府省庁CSIRTの代表者(PoC:Point of Contact)間およびNISCとの相互の緊密な連携と各組織におけるCSIRTの機能の維持・向上を図ることを目的として開催されたもの。

具体的な取組として、PoC会合において最新の情報セキュリティに関する脅威や技術の動向、その他各府省庁においてCSIRTの機能を維持・向上させていくために有用な情報を共有することが確認された。構成員は各府省庁において設置されているCSIRTの代表者(PoC)とし、NISCは本会の全体的な調整役(コーディネーター)として参画する。なお、本会合は上期・下期の年2回程度の開催を基本とするとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×