「ケータイ安全教室」の受講人数が500万人を突破(NTTドコモ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

「ケータイ安全教室」の受講人数が500万人を突破(NTTドコモ)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 NTTドコモは9日、「ケータイ安全教室」の受講人数が、2013年3月末時点で500万人を突破したことを発表した。

 「ケータイ安全教室」は、携帯電話に関連する事件やトラブルの事例などを、子どもたちやその家族、教職員に紹介し、トラブルに巻き込まれないための注意点や対処方法およびルールやマナーを説明する学習会だ。ドコモでは「ケータイ安全教室」を2004年より開始。学校(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等)や地域の生涯学習センターなどに講師を派遣するなど、重要な施策の1つとして継続的に展開し、約9年間で約34,500回の教室を開催している。2012年度からはスマートフォンに関する内容を追加するなど、環境の変化に応じた充実も図られている。

 教室には、受講者にあわせた5つのカリキュラム(入門編、応用編、保護者・教員編、シニア編、特別支援学校編)を用意。「ケータイ安全教室」出張型教室で使用している教材の配信も行っている。

子どものためのドコモ「ケータイ安全教室」、受講人数が500万人を突破

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 脆弱性診断サービスはどこまで標準化できるのか(SHIFT SECURITY)

    脆弱性診断サービスはどこまで標準化できるのか(SHIFT SECURITY)

  2. [今週開催] 日本発の国際サイバーセキュリティ会議 CODE BLUE 2017、三つの挑戦

    [今週開催] 日本発の国際サイバーセキュリティ会議 CODE BLUE 2017、三つの挑戦

  3. 京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

    京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

  4. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  5. DMARCの国内ISP導入事例

  6. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

  7. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  8. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  9. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第4回「サイバー攻撃最前線2017」について語る

  10. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第3回「転ばぬ先のIoTセキュリティ~コウカイする前に知るべきこと~」について語る

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×