他社サービスから流出したID・パスワードをgooIDシステムに試行している可能性(NTTレゾナント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

他社サービスから流出したID・パスワードをgooIDシステムに試行している可能性(NTTレゾナント)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 NTTレゾナントは9日、「gooIDへの不正ログイン被害について(終報)」と題する文章を発表した。被害状況調査と全容把握、警察への被害に関する相談、その他必要となる対処・措置を実施したとしている。

 「gooID」は、NTTレゾナントが提供するサービス「goo」を利用するためのアカウントサービス。今回、4月1日未明から、gooIDログイン失敗件数が増加。4月2日11時30分に、特定のIPアドレスからの秒間30件を超える機械的なログイン要求によるものであることが確認された。これを受け、不正ログインが疑われる31,372アカウントについてログインロックを実施。4日11時にも、新たに不正ログインの痕跡を認めた67,335アカウントをロックした。さらに利用者に対して、パスワード変更依頼メールを発信した。

 現時点において、一連の集中的な不正ログイン行為は終息の様相となっており、また、不正アクセスを試みた犯行者による、個人情報へのアクセス、改ざん・消失・流出、決済の利用、またはgooメール受信箱等へのアクセスは認められないとのこと。同時に、データセンター内部の徹底調査も行い不正なプログラムの存在・侵入、顧客情報流出などの事実は認められなかったとしている。

 攻撃ログを解析したところ、gooIDでは使用を認めていない文字種や文字数による攻撃が含まれており、他社サービスから流出したID/パスワードのセットリストを、gooIDシステムに対して試行している可能性が高いとのこと。

 なおNTTレゾナントでは、4月9日19時から、不正ログインの痕跡が認められたアカウント以外のgooIDアカウントに対しても、ログインロックを行い、パスワード再設定の画面を表示する方針だ。

gooの不正ログイン被害、顧客情報流出などは「なし」……NTTレゾナントが最終報告

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

    「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

  2. 不正アクセスによりセキュリティコードを含むカード情報が流出(高商事)

    不正アクセスによりセキュリティコードを含むカード情報が流出(高商事)

  3. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

    「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  4. 「はるか夢の址」アップロード者およびサイト運営者ら9名を逮捕(ACCS)

  5. カード情報を含む約3,300名分の個人情報を紛失(NHK)

  6. オークション目的で複製データをアップロード、またも「スピードラーニング」(ACCS)

  7. 「Windows 7」や「Office」海賊版を「リカバリーディスク」と説明し販売(ACCS)

  8. ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

  9. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  10. 電子書籍アプリ「BOOK☆WALKER for Windows/Mac」に複数の脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×