デバイス単位ではなくユーザ単位のライセンスを採用した新製品(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

デバイス単位ではなくユーザ単位のライセンスを採用した新製品(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は4月2日、デバイス単位ではなく、新たにユーザ単位でセキュリティ環境を構築でき、ネットワークにアクセスするすべてのデバイスにおいて包括的な保護を実現できる 「Sophos EndUser Protection」を発表した。エンドポイント保護とモバイル保護を組み合わせ、従業員によるBYODによるリスクから企業ネットワークやデータを保護する。価格は1年間、100ユーザの場合で1ユーザあたり6,000円。

EndUser Protectionは、エンドポイントプロテクション製品とモバイルデバイス管理(MDM)製品を利用することができる製品。また、従来はデバイス単位のライセンスカウント方式であったが、ユーザ単位のライセンスカウント方式にすることにより、煩雑なライセンス管理をシンプルにし、企業のBYODの導入を支援するとともに、IT部門の負荷を軽減する。企業データへアクセスするために従業員が使用するすべてのデバイスのセキュリティと管理を合理化することが可能としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×