サイバー007「MiniDuke」が、21 か月以上ヨーロッパをストーキング~そのスパイマルウェアは 2011 年からツイッターを常用していた(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

サイバー007「MiniDuke」が、21 か月以上ヨーロッパをストーキング~そのスパイマルウェアは 2011 年からツイッターを常用していた(The Register)

それに続く亜種は、コマンドアンドコントロールサーバの位置を知るためのバックアップの手法として Google 検索を利用していた。その機能は、2011 年版のサンプルには存在していなかった。

国際 TheRegister
先日発見された MiniDuke(ヨーロッパ、その他諸国の政府および政府機関を狙ったサイバースパイマルウェア)は、少なくとも 21 か月間にわたって活動していた。

ルーマニアのウイルス対策会社 Bitdefender の研究者によって発見された、その厄介なマルウェアのサンプルは、遅くとも 2011 年 6 月 20 日には活動を開始していた。そのスパイツールの新亜種は、中国のサーバから現在時刻を調べるのではなく、米海軍のサーバに接続して最新の時間と日付を取得している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×