ウイルス感染により個人情報漏えいの可能性(スカパーJSAT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

ウイルス感染により個人情報漏えいの可能性(スカパーJSAT)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

スカパーJSAT株式会社は2月6日、社内のサーバおよびPC端末17台がウイルスに感染し、個人情報を含む情報が漏えいした可能性があると発表した。これは2月5日、複数のサーバにてCPUが高負荷になるアラートが発生したため、詳細を調査した結果、新種のウイルスに感染したことが判明したというもの。

同社では、直ちに感染したPCをネットワークから切り離し、サーバに対するアクセス制限を実施した上、現在、感染経路や時期および影響範囲について緊急調査を実施中だという。漏えいした可能性のある情報は、宇宙・衛星事業関連の営業情報(取引先の一部会社名、担当者個人情報を含む)および関連する技術情報。なお、有料多チャンネル事業に関する個人情報の漏えいはないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×