2012年通年の国内サーバー市場動向を発表、富士通が6年連続で首位を獲得(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

2012年通年の国内サーバー市場動向を発表、富士通が6年連続で首位を獲得(IDC Japan)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 IDC Japanは4日、2012年通年の国内サーバー市場動向を発表した。これによると、2012年の国内サーバー市場規模は、前年から5.1%減少し4,453億円。出荷台数は、前年から12.0%減少し55万台となった。

 国内メインフレーム市場は、2008年以来、4年ぶりにプラス成長を達成。特に、金融業向けには、多数の大型案件があり、出荷額の50%以上が金融業向けだった。国内x86サーバー市場は、小幅ながら3年連続のプラス成長。ただし内蔵メモリーや内蔵ハードディスクの増加により、x86サーバーの平均単価が上昇し、出荷台数は前年に引き続き小幅なマイナス成長となっている。

 ベンダー別では、富士通が6年連続で首位を獲得。x86サーバーとメインフレームの出荷額は、前年から増加したが、前年に出荷したRISCサーバー「京」の反動のため、2012年の総出荷額はマイナス成長となった。2位は、IBM。2010年~2011年はプラス成長だったが、2012年はx86サーバーとRISCサーバーがふるわず、マイナス成長となった。3位のNECは、メインフレームとx86サーバーが好調で前年の4位から順位を上げた。

 出荷台数では、「京」の残数と「京」の量産機であるPRIME HPC FX10の出荷により、前年に引き続き、富士通が1位を獲得。x86サーバーの出荷台数シェアも前年から1.5ポイント上昇した。以下は、前年と同じ順位でHP、デル、IBMだった。

 なお同時にIDC Japanは、2012年第4四半期(10~12月)の国内サーバー市場動向を発表。これによると、2012年第4四半期のサーバー出荷額は1,044億円で、前年同期比から1.3%増加した。ベンダー別では、富士通が、4四半期連続で、首位を獲得している。なお上位5社で、前年同期から出荷金額を増やしたのは、富士通、NEC、日立製作所の3社だった。

国内サーバー市場、出荷台数は前年比12.0%減の55万台……「京」の反動から大幅減

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×