「電子政府推奨暗号リスト」を改定、24種類を推奨(総務省、経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

「電子政府推奨暗号リスト」を改定、24種類を推奨(総務省、経済産業省)

総務省および経済産業省は、「電子政府推奨暗号リスト」(2003年2月20日公表)を改定した「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト(CRYPTREC暗号リスト)」を策定した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
総務省および経済産業省は3月1日、「電子政府推奨暗号リスト」(2003年2月20日公表)を改定した「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト(CRYPTREC暗号リスト)」を策定したと発表した。これは、CRYPTRECの活動を通して電子政府で利用される暗号技術の評価を行った結果によるもの。

発表では、市場における利用実績が十分であるか今後の普及が見込まれると判断され、当該技術の利用を推奨するもののリストや、CRYPTRECにより安全性及び実装性能が確認され、今後、電子政府推奨暗号リストに掲載される可能性のある暗号技術のリスト、推奨すべき状態ではなくなった暗号技術のうち、互換性維持の目的のみに継続利用を容認するもののリストを公開している。2003年に公開された「電子政府推奨暗号リスト」からハッシュ関数「SHA-1」などが除外され、疑似乱数生成系は対象技術自体から除外されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×