Lenovo と PayPal、従来のパスワードに替わる計画を立ち上げ~ FIDO、トークンによる開かれた 2 要素ウェブ認証スキームの提案(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.21(月)

Lenovo と PayPal、従来のパスワードに替わる計画を立ち上げ~ FIDO、トークンによる開かれた 2 要素ウェブ認証スキームの提案(The Register)

その委員会の仕事は、セキュリティアサーションマークアップ言語および oAuth――FIDO が競争相手というよりはむしろ相補的であると言及している二つの認証規格――の背後にいる人々によって導かれることを考慮する必要があるかもしれない。

国際 TheRegister
Lenovo と PayPal、そしてあまり知られていない仲間たち(Agnitio、Infineon Technologies、Nok Nok Labs、Validity)が、ウェブサイトのための新しい認証基準とアライアンスを立ち上げた。

グループ名としても、また提案された基準の名としても知られる FIDO(The Fast Identity Online Alliance)は、生体認証、USB スティックのパスワード保護、組込形ハードウェアモジュールなど、さまざまなトークンで用いることのできる 2 要素認証の計画を進めている。多様なトークンにおいて利用できる能力は、この認証を一人のユーザーが様々なデバイスで使用できるということを意味している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×