EU「我々は発電所、アップル、その他の諸君にハッキングの事実を認めるよう強制する」~サイバー戦略で提唱された、侵害の報告に関する新しい規則(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

EU「我々は発電所、アップル、その他の諸君にハッキングの事実を認めるよう強制する」~サイバー戦略で提唱された、侵害の報告に関する新しい規則(The Register)

たびたび西の政治家たちから虐げられてきた中国のネットワークキットの巨人 Huawei は、より大きな国際協力を求める EU の要請を支持する声明を発表した。

国際 TheRegister
発電所、銀行、オンラインショップ、クラウドプロバイダ、検索エンジン、アプリストア、ソーシャルネットワークおよび政府は、すべての重大なセキュリティ侵害に関する情報を開示するよう、まもなく法律で義務づけられかもしれない。

欧州委員会は「An Open, Safe and Secure Cyberspace」と名づけられた戦略の中で、ヨーロッパ大陸のための新しい指示を提案した:

「いくつかの分野の重要インフラ(金融サービス、運輸、エネルギー、健康)のオペレータ、また情報社会サービスのイネーブラ(特にアプリストア、e コマースプラットフォーム、インターネット決済、クラウドコンピューティング、検索エンジン、ソーシャルネットワーク)の運営者および行政は、リスク管理の慣行を採用し、各自のコアサービスにおける重要なセキュリティのインシデントを報告しなければならない…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×