四輪代理店の顧客情報が検索により閲覧可能な状態に(スズキ) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

四輪代理店の顧客情報が検索により閲覧可能な状態に(スズキ)

スズキは、同社四輪代理店の顧客の個人情報を記録したファイルが、インターネット上で検索を行った際に閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
スズキ株式会社は1月31日、同社四輪代理店の顧客の個人情報を記録したファイルが、インターネット上で検索を行った際に閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。1月14日に判明し、同社では直ちに対策を行い1月18日以降は検索しても閲覧できないことを確認しているという。検索に閲覧が可能であった個人情報は、代理店17社、832件の個人情報。個人情報は、同社代理店において管理していた顧客の住所、氏名、電話番号、車両情報(機種記号・車台番号・登録番号・車体色・年式・車検有効期限)。

同社によると、代理店ホームページを更新する際に、代理店担当者が当該ファイルを誤って選択し、ホームページ作業画面に保存したことが原因。これにより、保存した当該ファイルはホームページ上に表示されないが、検索を行った場合には検索対象となる状態だったとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×