「FedEx」や「UPS」など運送会社や航空会社を騙るメールに注意(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

「FedEx」や「UPS」など運送会社や航空会社を騙るメールに注意(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、運送会社や航空会社からのメールを騙る複数のスパムメールについて注意を呼びかけている。ユーザが添付ファイルを実行すると「BKDR_KULUOZ」という不正プログラムに感染する。

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は2月5日、「FedEx」や「UPS」といった運送会社や航空会社からのメールを騙る複数のスパムメールについて注意を呼びかけている。ユーザが添付ファイルを実行すると「BKDR_KULUOZ」という不正プログラムに感染する。このバックドア型不正プログラムは、2012年4月から6月にかけて有名なボットネットの一部として確認された。しかし同社「TrendLabs」では、2013年になってもスパムメールにより配布されていることを確認している。

BKDR_KULUOZは、通常はアーカイブファイルとしてユーザのPCに侵入する。そしてPDFファイルやWordファイル(.doc)といったアプリケーションのファイルを装うことで、正規ファイルに見せかける。ユーザがファイルをダウンロードし実行すると、テキストファイルを作成し、そのテキストファイルを開くことでPCが被害に遭っていないかのようにユーザに装う。さらに実行ファイルを組み込み、最終的に感染PCを乗っ取る。自身をアップデートするほか、ルートキット機能を備えていることで知られる「SIREFEF」の亜種や偽セキュリティソフト型不正プログラム「FAKEAV」をダウンロードすることも特徴。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×