WindowsとLinuxを選択できるサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品(キヤノンITS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

WindowsとLinuxを選択できるサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品(キヤノンITS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は1月22日、Windowsサーバ用プログラムとLinuxサーバ用プログラムを選んで利用できるマルチプラットフォーム対応のサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET File Security for Linux / Windows Server」を2月1日より出荷開始すると発表した。希望小売価格は新規が20,000円、更新が10,000円(1ライセンス、1年間)。手動検査、常駐検査、感染ファイルの自動駆除、スケジュールスキャンといった機能を搭載するほか、Windowsサーバ版ではサーバ保護機能も搭載する。

本製品で新たに提供を開始するLinuxサーバ用プログラム「ESET File Security for Linux」は、これまでのESETセキュリティソフトウェアシリーズと同様に、ヒューリスティック機能を持つThreatSenseテクノロジーを搭載した。これにより、新種のマルウェアも高い確率で検出する。また、Windowsサーバ用プログラム「ESET File Security for Microsoft Windows Server」では、新たにWindows Server 2012 Essentialsに対応するなど対応環境が拡大した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×