Javaの偽修正プログラムを確認、感染するとPCを遠隔操作される可能性(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

Javaの偽修正プログラムを確認、感染するとPCを遠隔操作される可能性(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は1月18日、同社トレンドラボが「Java7」の最新の修正プログラム「Update 11」を装う不正プログラムに関する報告を受けたとして、ブログで注意喚起を行っている。Oracleは1月14日(米国時間1月13日)、話題となった脆弱性「CVE-2012-3174」に対する修正プログラムを公開しているが、引き続きJavaを無効にしておくといった対応策を推奨している。

問題の偽修正プログラムは、身元不明の作者によって作成されたもので、同社製品では「JAVA_DLOADER.NTW」として検出される。このファイルは不正なファイルをダウンロードし、これが実行されるとリモートサーバに接続し感染PCを遠隔操作する。ただしBKDR_ANDROM.NTWは、CVE-2012-3174や他のJava関連の脆弱性を利用することはなく、同社では古典的なソーシャルエンジニアリングの手口としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×