月例セキュリティ情報7件を公開、最大深刻度「緊急」は2件(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

月例セキュリティ情報7件を公開、最大深刻度「緊急」は2件(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2013年1月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通り7件で、最大深刻度「緊急」が2件、「重要」が5件となっている。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は1月9日、2013年1月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通り7件で、最大深刻度「緊急」が2件、「重要」が5件となっている。今回の更新プログラムで修正された脆弱性は、CVEベースで12件。内容は以下の通り。

「緊急」
MS13-001:Windows 印刷スプーラー コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2769369)要再起動
MS13-002:XML コアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2756145)再起動が必要な場合あり

「重要」
MS13-003:System Center Operations Manager の脆弱性により、特権が昇格される(2748552)再起動不要
MS13-004:.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される(2769324)再起動が必要な場合あり
MS13-005:Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される(2778930)要再起動
MS13-006:Microsoft Windows の脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる(2785220)要再起動
MS13-007:Open Data プロトコルの脆弱性により、サービス拒否が起こる(2769327)再起動が必要な場合あり

今回、脆弱性が公開されているもの、および悪用が確認されているものはない。マイクロソフトでは企業ユーザにおける適用優先度の最も高いものとして「MS13-001」および「MS13-002」を挙げている。なお、2012年12月29日に公開されたセキュリティアドバイザリ「Internet Explorerの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2794220:CVE-2012-4792)のパッチについては、開発およびテストが完了次第公開する予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×