GPUを詰め込まれたモンスター、数分でWindowsのパスワードをクラッキング〜役立たずの暗号化アルゴリズムで得られるものとは(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

GPUを詰め込まれたモンスター、数分でWindowsのパスワードをクラッキング〜役立たずの暗号化アルゴリズムで得られるものとは(The Register)

Gosneyのシステムは、たとえ強固なパスワードであっても、一方向性の貧弱な暗号化アルゴリズム(特にMicrosoftのLMとNTLMで使われているもの)で保護されているかぎりは脆弱であるということを示した。

国際 TheRegister
セキュリティ研究者たちは、強固なパスワードでも数分で強引にクラッキングできるナンバクランチング(複雑で長い数値の演算処理)の怪物を組み立てていた。

ノルウェーのオスロで開かれた Passwords^12 conference にて、Jeremi Gosney(別名 epixoip)は、25個のAMD RadeonのGPUを搭載した5つのサーバーのクラスタ全体を使い、パスワードクラッキングプログラムHashCatを実行するマシンのデモンストレーションを行った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×