協業によりクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービスとUTMを連携(KCCS、ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

協業によりクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービスとUTMを連携(KCCS、ウォッチガード)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は12月13日、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)と協業すると発表した。今回の協業によって、KCCSはウォッチガードの最高レベルのパートナーである「WatchGuard RED Partner」として認定され、ウォッチガードのUTMソリューションである「WatchGuard XTM」の販売を開始する。また、KCCSが提供している小・中規模のネットワークに対応したクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」と「WatchGuard XTM」を組み合わせたセキュリティソリューションを2社で提供し、マーケティング活動を行っていく。

nCircle PureCloudとWatchGuard XTMを組み合わせることで、ユーザはリスクの洗い出しと防御を継続的に行うことが可能となる。nCircle PureCloudで社内ネットワークの脆弱性診断を行った後に、WatchGuard XTMのUTM機能を活用し社内ネットワークが保護できるほか、WatchGuard XTMの設定や社内ネットワークの構成・設定変更後に、再度nCircle PureCloudを用いてネットワーク脆弱性診断を実施することも可能。また、nCircle PureCloudからWatchGuard XTMのIPS機能が正常に稼働しているかチェックすることも可能で、不正侵入に対して常に正しい対策が実施されているかを確認できる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×