テキサス州の女学生がRFIDタグ装着拒否で退学処分〜「獣の刻印」を避けたがっている(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

テキサス州の女学生がRFIDタグ装着拒否で退学処分〜「獣の刻印」を避けたがっている(The Register)

ジョン・ジェイ高校サイエンス&エンジニアリング・アカデミー2年生のアンドレア・ヘルナンデスは、事実上退学になった。宗教上、プライバシー、そして表現の自由の理由から、そのタグの装着を拒否したからだ。

国際 TheRegister
更新 RFIDを使用して生徒たちを常にモニタリングするサンアントニオ学区の計画は、トラッキングテクノロジー使用の強制に生徒の一人が抵抗したため、訴訟問題に発展した。

テキサス州サンアントニオのノースサイド・インディペンデント学区(NISD)は、「生徒探知プロジェクト(Student Locator Project)」に50万ドル以上を費やした。これはバーコードとRFIDタグが埋め込まれたストラップを首に装着するというもの。生徒たちは図書館やカフェテリア利用時、生徒会選挙、そして時によってはトイレ休憩にもストラップ装着が義務付けられており、学校側はそれで生徒のすべての行動を一日中トラッキングできるようになっている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×