発電所や空港SCADAシステムの防御は「完全に効力をなくした」セキュリティ機関がフログ・エクスプロイトではなく欠陥修正のお手伝いを約束(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

発電所や空港SCADAシステムの防御は「完全に効力をなくした」セキュリティ機関がフログ・エクスプロイトではなく欠陥修正のお手伝いを約束(The Register)

先週(編集部註:2012年11月19日週)、マルタ島の新興企業ReVulnの研究者がシーメンス、GE、シュナイダーエレクトリックなどのSCADAソフトウェアに存在するゼロデイ脆弱性の発見をビデオで自慢げに公表した。

国際 TheRegister
研究者が発電所、空港、工場などの基幹システムに使用されている重要なセキュリティ機器にさらなる脆弱性を発見した。

エグソダスインテリジェンスは、ロックウェルオートメーション、シュナイダーエレクトリック、インデュソフト、リアルフレックス、イートンコーポレーションの各ベンダーが販売するSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)ソフトウェアに20以上のバグを見つけたと語った。これらのバグは、機器類をリモートコード実行やサービス拒否攻撃のリスクにさらすという…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×