VPNサービス利用禁止措置でグレート・ファイアウォールの背後は一転して神経質な時代に〜インターネット検閲チームは禁止サイトへのアクセスに対して遮断の威嚇(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

VPNサービス利用禁止措置でグレート・ファイアウォールの背後は一転して神経質な時代に〜インターネット検閲チームは禁止サイトへのアクセスに対して遮断の威嚇(The Register)

ひとつめは「済南市インターネット検閲チーム」により管理社会的な物言いで書かれたもので、一部の職員が「禁止Webサイトに私用でログインしているのが発見された」と警告している。

国際 TheRegister
バーチャル プライベート ネットワーク(VPNサービス)利用に対する新たな取締まりを示唆する写真がインターネットに出回り始めた後の水曜日(編集部註:2012年11月28日)、中国の多国籍企業や外国人ネットユーザーにピリピリした空気が漂っている。

VPNサービスは、西側諸国ではセキュリティ強化のためにより広く利用されているが、インターネット通の中国のユーザーにとっては、グレート・ファイアウォール迂回のための重要なツールになっている。グレート・ファイアウォールはTwitter、Facebook、そして定期的ではあるがGmailといった多くの海外サイトやサービスをブロックするからだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.



《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×