Adobe Readerゼロデイエクスプロイトがアンダーグラウンドの市場で浮上〜地下水道を徘徊する不正形式PDFの恐怖(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Adobe Readerゼロデイエクスプロイトがアンダーグラウンドの市場で浮上〜地下水道を徘徊する不正形式PDFの恐怖(The Register)

Group-IBは、Adobe X脆弱性は特に巧みに作られたフォームの不正な形式のPDFドキュメントに依存すると説明する。

国際 TheRegister
伝えられるところによれば、悪党連中が最新版のAdobe Readerにゼロデイ脆弱性を発見したようだ。

同脆弱性に基づくエクスプロイトは、Adobe XおよびAdobe XIに組み込まれているサンドボックス保護テクノロジーを回避するもので、アンダーグラウンド・フォーラムで販売されている。価格は30,000ドルからと高値だが、同エクスプロイトはすでに、ドライブバイダウンロード攻撃を使用するZeuSのようなバンキング型トロイの木馬のディストリビューション用ツール「Blackhole Exploit Kit」の、いくつかのカスタム版に組み込まれている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×