Huaweiがルータの欠陥に関しドイツのハッカーに接触〜「時には非難されることも必要」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

Huaweiがルータの欠陥に関しドイツのハッカーに接触〜「時には非難されることも必要」(The Register)

ベルリンに拠点を置くセキュリティラボLindner and Gregor Kopfは8月、Defconで、HuaweiのAR18とAR28ルーター製品をハッカーが遠隔的にコントロール可能な重大なコーディング・エラーを明らかにする研究結果を明らかにした。

国際 TheRegister
HuaweiのCISO、John Suffolkが、同社の一部ルーターの欠陥を明らかにした研究者と、やりとりをしていると明らかにしたことで、情報セキュリティの信用を改善しようという中国のこの大企業の努力は後押しを受けたようだ。

前職は英国政府のCIOだったSuffolkは、ニューデリーで開催のセキュリティサミットでReutersに、以前、Huaweiを歯に衣きせず批判したドイツの研究者Felix Lindnerに会うため、部下のチームを派遣したと語った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×