判事、PSNハッキングは集団訴訟の火付け役とはなり得ないと語る〜彼らがバラ園を約束したことは無い(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

判事、PSNハッキングは集団訴訟の火付け役とはなり得ないと語る〜彼らがバラ園を約束したことは無い(The Register)

国際 TheRegister

米国の判事によれば、2011年5月、何百万ものアカウントに障害を出した悪名高いSony PlayStation Networkのハッキングは、集団訴訟の根拠を与えないという。

判決(Courthouse Newsで入手可能)では、昨年6月に初めて開始されたSonyに対する訴訟の根拠が、大部分退けられている。南カリフォルニア州米地方裁判所のAnthony Battaglia判事は、修正訴状を提出するかどうかについて、原告に11月9日まで猶予を与えた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×