判事、PSNハッキングは集団訴訟の火付け役とはなり得ないと語る〜彼らがバラ園を約束したことは無い(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

判事、PSNハッキングは集団訴訟の火付け役とはなり得ないと語る〜彼らがバラ園を約束したことは無い(The Register)

Sonyは顧客を守るための「妥当な手段」を講じることしか約束しておらず、同社はカスタマーが侵入から免れることを約束することはできないと、以下のように明示的に述べていると、判事は指摘した

国際 TheRegister
米国の判事によれば、2011年5月、何百万ものアカウントに障害を出した悪名高いSony PlayStation Networkのハッキングは、集団訴訟の根拠を与えないという。

判決(Courthouse Newsで入手可能)では、昨年6月に初めて開始されたSonyに対する訴訟の根拠が、大部分退けられている。南カリフォルニア州米地方裁判所のAnthony Battaglia判事は、修正訴状を提出するかどうかについて、原告に11月9日まで猶予を与えた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×