ZTEがスパイ技術子会社を手放す〜イランとの結びつきに依然として苦慮(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

ZTEがスパイ技術子会社を手放す〜イランとの結びつきに依然として苦慮(The Register)

Reutersの3月の報道では、ZTEがイラン国営のTelecommunications Company of Iran(TCI)に2010年、9,860万ユーロ(8,240万ポンド)というネットワーク機器取引の一環として、類似した監視技術を販売したと糾弾された。

国際 TheRegister
中国の通信機器メーカーZTEが、監視システムの販売を行っている企業ZTE Special Equipment(ZTEsec)の大多数の株を売却した。

深せんに本拠地を置く、批判の的となっているこの企業は、9月末に香港証券取引所でのほとんど公表されなかった出願の中で、「68%所有するZTEsecの持ち株を処分」すると述べた。

そうすることで、「戦略的発展の要件を満たす、主要ビジネスへのリソースの集中が可能になる」と、同社は言う…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×