ZTEがスパイ技術子会社を手放す〜イランとの結びつきに依然として苦慮(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

ZTEがスパイ技術子会社を手放す〜イランとの結びつきに依然として苦慮(The Register)

国際 TheRegister

中国の通信機器メーカーZTEが、監視システムの販売を行っている企業ZTE Special Equipment(ZTEsec)の大多数の株を売却した。

深せんに本拠地を置く、批判の的となっているこの企業は、9月末に香港証券取引所でのほとんど公表されなかった出願の中で、「68%所有するZTEsecの持ち株を処分」すると述べた。

そうすることで、「戦略的発展の要件を満たす、主要ビジネスへのリソースの集中が可能になる」と、同社は言う…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×