ZTEがスパイ技術子会社を手放す〜イランとの結びつきに依然として苦慮(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

ZTEがスパイ技術子会社を手放す〜イランとの結びつきに依然として苦慮(The Register)

Reutersの3月の報道では、ZTEがイラン国営のTelecommunications Company of Iran(TCI)に2010年、9,860万ユーロ(8,240万ポンド)というネットワーク機器取引の一環として、類似した監視技術を販売したと糾弾された。

国際 TheRegister
中国の通信機器メーカーZTEが、監視システムの販売を行っている企業ZTE Special Equipment(ZTEsec)の大多数の株を売却した。

深せんに本拠地を置く、批判の的となっているこの企業は、9月末に香港証券取引所でのほとんど公表されなかった出願の中で、「68%所有するZTEsecの持ち株を処分」すると述べた。

そうすることで、「戦略的発展の要件を満たす、主要ビジネスへのリソースの集中が可能になる」と、同社は言う…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×