OSSの活用でコストを抑えた小・中規模向けのVDI製品を発売(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

OSSの活用でコストを抑えた小・中規模向けのVDI製品を発売(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、米Virtual Bridges社の仮想化ソフトウェア「VERDE」の提供を10月18日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは10月17日、米Virtual Bridges社の仮想化ソフトウェア「VERDE」の提供を10月18日より開始すると発表した。本製品は、オープンソースの活用によってライセンス費用を抑えたデスクトップ仮想化(VDI)ソフト。価格はオープンプライス。初期導入コストが見合わず、デスクトップ仮想化の導入が難しい状況にある小・中規模向けの製品となる。

本製品は、仮想サーバ上に仮想デスクトップを集約するVDI型であり、認証やVM管理などのVDI用コンポーネントをLinuxアプリケーションとして実装し、サーバ仮想化基盤内で動作させるため、「VERDE」単体で構成することが可能。100ユーザまではサーバ1台で済むことから、初期導入コストが削減できる。また、単体構成、冗長化構成、拠点分散構成を組み合わせることで、さまざまな環境で導入が可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×