イランX.25テロリストは実のところ銀行家〜旧式ネットワークプロトコルの調査ミス(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

イランX.25テロリストは実のところ銀行家〜旧式ネットワークプロトコルの調査ミス(The Register)

Kempはイランが、アルカイダに関連するプロパガンダおよびリクルート組織Ansar al-Mujahideenを支援しているという彼の推測を撤回した。彼は、興味深い調査結果に注意をひこうと考えただけだと語った。

国際 TheRegister
イランで国の認可を受けた専用電話線のリストに、イスラム過激派グループのメンバーと思われる人物を発見したとして、セキュリティ専門家が過激派グループをイランに結びつけたものの、誤りだったことが明らかになった。

英国に拠点を置くXiphos Researchの共同創立者Mike Kempは、イランのX.25回線のスプレッドシートで、この旧式なパケット交換式プロトコルをチェックしている際、「Ansar Al-Mujahideen」のエントリーを2つ発見した。彼はその結果をシリアの友人に照会し、その人物がファイルのアラビア語とペルシャ語の翻訳を手伝った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×