DNAバーコードがラボから進出〜CSI世代のためのスプレー式証拠を提供(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

DNAバーコードがラボから進出〜CSI世代のためのスプレー式証拠を提供(The Register)

GeneWorksのテクノロジーは、セキュリティで守られた建物への侵入者に、物理的にタグ付けできる定着スプレーとしても応用できる。

国際 TheRegister
南オーストラリアは、現地で開発されているDNAバーコードディング・テクノロジーを商業化し、セキュリティおよび認証ツールとして国際的に発売する計画を支持している。

バイオテック企業GeneWorksは、さまざまな重要アイテムに目に見えない印を付けることができる同社のDNAバーコーディング技術は、現在市場に出ているテクノロジーとは異なり、フォレンジック分析や法的な応用にも互換性を持つと主張している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×