ハニーポットによりWeb感染マルウェアを検知する標的型攻撃出口対策(FFRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

ハニーポットによりWeb感染マルウェアを検知する標的型攻撃出口対策(FFRI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は10月5日、標的型攻撃出口対策「FFR tabaru」の出荷を10月12日より開始すると発表した。本製品は、脆弱性を持つ環境(ハニーポット)を仮想マシン上に構築し、仮想マシン内でWebアクセスを行わせることでWeb経由で感染するマルウェアを検知するもの。販売価格は、ベースセットで250万円。

現状把握が難しいWeb経由でのマルウェア感染を可視化するほか、既設Proxyサーバと連携させることにより、マルウェア感染サイトへのアクセスを遮断し、標的型攻撃の脅威から重要な情報資産を保護する。マルウェアを検知した場合にはリアルタイムで通知される。また、FFRIが提供している「BlackURLリスト提供サービス」と組み合わせることで、事前に有害サイトへのアクセスを遮断し、より強固な対策を実現可能にする。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×