ハッカーがホワイトハウスの軍用通信網に侵入〜スピアフィッシュが「機密扱いではない」大統領のシステムを攻撃(The Register) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

ハッカーがホワイトハウスの軍用通信網に侵入〜スピアフィッシュが「機密扱いではない」大統領のシステムを攻撃(The Register)

続報では、悪意ある添付ファイル付きの危険な電子メールが防衛線をかいくぐって、誰かのデスクトップに到達し、それが開かれてマシンが感染したことが示唆されている。

国際 TheRegister
伝えられるところでは、大統領の核のフットボールを担当するホワイトハウスの軍用通信網に、ハッカーたちが攻撃を仕掛けたという。

この事件を良く知る米国の当局者によれば、正体不明のハッカーたちが先月初旬(編集部註:2012年9月初旬)、ホワイトハウス警護室(WHMO)が使用するネットワークに攻撃を仕掛けた。核攻撃のコマンドの送信や認証を行うシステムを含む、機密通信を担当する軍事オフィスだ。同オフィスは大統領の通信と移動の手配も担当している。しかしいずれにせよ、あまり重要でないシステムのみが標的にされたようで、最終的に攻撃は不首尾に終わった…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×