ケンブリッジの研究者たち:Chip and PINカードは複製できる—方法を紹介〜チップとスキム(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

ケンブリッジの研究者たち:Chip and PINカードは複製できる—方法を紹介〜チップとスキム(The Register)

このセキュリティの欠陥は、(多少困難ではあるものの)中間者攻撃の実行にも使用できる可能性、もしくはATMやPOSターミナル上でマルウェアとともに使用される可能性があると、Bondは付け加える。

国際 TheRegister
ケンブリッジ大学の研究者たちが、Chip and PINカードを複製するメカニズムを作成するのに悪用される可能性のある、ATMセキュリティの欠陥を発見した。

このセキュリティの欠陥は、すでに犯罪者たちに知られている可能性があり、さもなければ理解できないような「ファントム」引き落とし事件で、何が起きているかの説明となっている。

消費者がChip and PINカードを使用するたび、トランザクションを認証するため、一意の「予測困難なナンバー」が生成される…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×