ケンブリッジの研究者たち:Chip and PINカードは複製できる—方法を紹介〜チップとスキム(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

ケンブリッジの研究者たち:Chip and PINカードは複製できる—方法を紹介〜チップとスキム(The Register)

このセキュリティの欠陥は、(多少困難ではあるものの)中間者攻撃の実行にも使用できる可能性、もしくはATMやPOSターミナル上でマルウェアとともに使用される可能性があると、Bondは付け加える。

国際 TheRegister
ケンブリッジ大学の研究者たちが、Chip and PINカードを複製するメカニズムを作成するのに悪用される可能性のある、ATMセキュリティの欠陥を発見した。

このセキュリティの欠陥は、すでに犯罪者たちに知られている可能性があり、さもなければ理解できないような「ファントム」引き落とし事件で、何が起きているかの説明となっている。

消費者がChip and PINカードを使用するたび、トランザクションを認証するため、一意の「予測困難なナンバー」が生成される…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×