純国産セキュリティ対策仮想マシンモニタの最新版、より高速化を実現(イーゲル、東京大学情報基盤センター) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

純国産セキュリティ対策仮想マシンモニタの最新版、より高速化を実現(イーゲル、東京大学情報基盤センター)

イーゲルと東京大学情報基盤センターの品川高廣准教授らの研究グループは、純国産のオープンソース仮想マシンモニタ「BitVisor」の最新版Version 1.3をリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社イーゲルと東京大学情報基盤センターの品川高廣准教授らの研究グループは9月26日、純国産のオープンソース仮想マシンモニタ「BitVisor」の最新版Version 1.3を同日リリースしたと発表した。BitVisorは、セキュリティ対策を主な目的として開発された仮想マシンモニタ。デスクトップPCやノートPCなどに導入することで、既存のOSに特別な変更を加えることなく、ハードディスク、CD/DVD-ROM ドライブ、USBメモリの暗号化、ICカードによるID管理、USBやFirewireなどの物理ポートに対するアクセス制御を実現する。

これらの機能は仮想マシンモニタ内で行われるため、ユーザに意識させることなく高速かつ安全に動作する。なお「Intel VT」あるいは「AMD-V」対応のプロセッサが必要となるが、OSには非依存。最新版では、バックグラウンド暗号化や64ビットゲストOSへの対応、AMD-V マルチプロセッサ・マルチコア対応、Intel VT-xのEPT、unrestricted guest、VPID対応およびAMD-VのRVI(NPT)対応による動作の高速化、起動時間の短縮、仮想マシンモニタからのグラフィック画面へのビットマップ描画機能などの機能追加や改善が行われた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×