動的、静的な仮想サービスの生成が可能なアプリ開発支援ソリューション(CA Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

動的、静的な仮想サービスの生成が可能なアプリ開発支援ソリューション(CA Technologies)

CA Technologiesは、サービス仮想化のソリューション「CA LISA」を発表した。10月17日より出荷を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CA Technologiesは9月21日、サービス仮想化のソリューション「CA LISA」を発表した。10月17日より出荷を開始する。CA LISAは、同社が2011年6月にアプリケーション開発支援ソリューションの拡充を目的に買収した、サービス仮想化ソリューションの大手非公開ベンダであるITKO社のテクノロジをベースとして、今回初めて日本市場向けに適合させたソリューション。基本価格46,800,000円からで、2013年3月31日まではキャンペーン価格として29,250,000円で提供する。

CA LISAの導入により、動的、静的な仮想サービスの生成が可能になり、GUIからの簡単な操作で仮想サービスをリモートのVSEに配備・起動することができる。またVSEは、用途や負荷に応じて容易にマルチサーバ構成にスケールアウトすることが可能。これらにより、アプリケーション開発のテスト工程における工期短縮、コスト削減、品質向上を実現できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×