ビジネスセキュリティ機能強化の第1弾となるメール自動暗号化製品を発売(ギデオン) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

ビジネスセキュリティ機能強化の第1弾となるメール自動暗号化製品を発売(ギデオン)

ギデオンは、メール自動暗号化製品「ギデオン AutoCrypto」を販売開始すると発表した。本製品は、同社のビジネスセキュリティ機能強化の第1弾となるもの。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ギデオンは9月19日、メール自動暗号化製品「ギデオン AutoCrypto」を同日より販売開始すると発表した。本製品は、同社のビジネスセキュリティ機能強化の第1弾となるもの。Linuxメールサーバ向けソフトウェアにウイルス対策とメール暗号化機能を搭載する「ギデオン AutoCrypto」、スパム対策機能を加えた「ギデオン AutoCrypto Plus」および「ギデオン ゲートウエイ オートクリプト」、アプライアンスの「ギデオン BLOC system AutoCrypto Plus」をラインアップする。

メール添付ファイルを自動で暗号化するほか、件名や本文に特定の文字を記述することで暗号化、非暗号化の指示が可能。送信アカウントにより暗号化の対象を指定することも可能となっている。また、誤送信防止機能として解凍パスワード送信の承認フローをスマートフォン、タブレットから操作できる。解凍パスワード送信メールのテンプレートは設定画面から編集可能だ。販売価格は、ソフトウェア製品の新規(初年度)ライセンスが132,000円から、更新(次年度)ライセンスが66,000円から。アプライアンス製品の新規ライセンスが408,000円から、更新ライセンスが118,000円から(すべて50ユーザでの価格)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×