AWSを利用した年間定額のクラウド運用サービスにセキュリティ対策を提供(ワークス、トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

AWSを利用した年間定額のクラウド運用サービスにセキュリティ対策を提供(ワークス、トレンドマイクロ)

ワークスは、トレンドマイクロとセキュリティ機能をさらに付加したクラウド運用を実現するために協業し、AWSを利用した年間定額のクラウド運用サービスを提供する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ワークスアプリケーションズ(ワークス)は9月11日、トレンドマイクロ株式会社とセキュリティ機能をさらに付加したクラウド運用を実現するために協業し、「Amazon Web Service(AWS)」を利用した年間定額のクラウド運用サービス「COMPANY on Cloud Managed Service(CCMS)」を9月下旬より提供すると発表した。

ワークスでは、大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」をクラウドサービス上で稼動させる研究開発に取り組み、2011年3月よりAWS対応版を提供している。CCMSはCOMPANYのコンセプトをもとに、クラウドでERPシステムを稼働するために必要な各種サービスを、パッケージ費用に応じた一定割合の定額料金で提供するもの。トレンドマイクロの不正プログラム対策、仮想パッチによる脆弱性対策といったサーバセキュリティ技術を用いた仮想サーバの保護を標準で提供する。また、ワークスの専任エンジニアがクラウド上のCOMPANYの構築、管理を支援し、ERPシステムの導入および運用にかかるユーザの負荷を軽減する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×