通信障害について「人的操作ミス」と「ソフトウェアの不具合」が原因と発表(イー・アクセス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

通信障害について「人的操作ミス」と「ソフトウェアの不具合」が原因と発表(イー・アクセス)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 イー・アクセスは6日、イー・モバイルネットワークにおいて5日の夜に発生していた通信障害について、「人的操作ミス」と「ソフトウェアの不具合」が重なったことが原因であると発表した。

 イー・モバイルネットワークでは、通信機器の不具合によって、5日の18時51分から23時34分の間、通信障害が発生。影響エリアにおいてWCDMAの音声及びデータサービスが利用しづらくなっていた。影響エリアは、東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/茨城県/栃木県/群馬県/山梨県/静岡県/大阪府/岐阜県/愛知県/滋賀県/京都府/兵庫県/三重県/和歌山県の一部で、約27万人が影響を受けたという。

 同社では再発防止策として、保守作業方法の事前チェック体制の強化、作業プロセス上のチェック工程の改善、ソフトウェア不具合の改修を行い、ネットワークの信頼性の向上に努めていくとしている。

イー・モバイルの通信障害、「人的操作ミス」と「ソフトウェアの不具合」が原因

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×