スマートフォンの安全な業務利用を実現するアプリ実行基盤技術を開発(富士通研究所) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

スマートフォンの安全な業務利用を実現するアプリ実行基盤技術を開発(富士通研究所)

富士通研究所は、スマートフォンの使い勝手を損なうことなく、業務サービスを安全に利用できるアプリケーション実行基盤技術を開発した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士通研究所は8月31日、スマートフォンの使い勝手を損なうことなく、業務サービスを安全に利用できるアプリケーション実行基盤技術を開発したと発表した。本技術は、クラウドとスマートフォンを連携させることで、必要な時だけスマートフォン上に業務サービスの実行に適した環境を生成し、安全に実行することを可能にしたもの。同社では、このシステムを簡単に構築できるようパッケージ化をすすめ、2012年度中の実用化を目指す。

具体的には、状況に応じて画面の切り替えや配信するアプリケーションの管理を行う「コンテキストデスクトップ技術」と、アプリケーションを安全に実行し、スマートフォンに搭載されたカメラやネットワークなどに対して利用制限を行う「セキュア実行環境技術」、社内外のどちらのネットワーク環境でもシームレスにスマートフォンへのアプリケーションの配信を可能にする「シームレスプッシュ技術」を開発した。これにより、従来企業内ネットワークのみで運用していた業務サービスを、社内外に関わらずスマートフォンで安心して利用できるため、さまざまな現場で業務効率の向上を図ることが期待できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×