FBIのソフトウェア取り締まりで偽Androidマーケットを摘発〜「Androidアプリを盗んではならない…」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

FBIのソフトウェア取り締まりで偽Androidマーケットを摘発〜「Androidアプリを盗んではならない…」(The Register)

司法省は声明で、FBI捜査官がクラッキングされた上で販売された、正当な開発者によるアプリケーションを何千もダウンロードしたと報告している。

国際 TheRegister
米司法省は、盗んだAndroidアプリケーションの販売を行っていた3つのドメインが、FBIと他国の警察が協力して行ったオペレーションにより摘発されたと発表した。

アプリを求めてapplanet.net、appbucket.netとsnappzmarket.comを訪れたビジターは、現在、連邦捜査局がこれらサイトを掌握しているという警告ページを見て、ガッカリすることだろう。FBIはフランスとイタリアの警察とともに、今回のシャットダウンを行った。9通の逮捕状が出され、ローカルサーバが差し押さえられ、違法なアプリ・ストアのシャットダウンと犯人に関する証拠の保存が行われた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×