サイバー犯罪へのリスク管理態勢構築を総合的に支援する耐性強化サービス(PwC) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

サイバー犯罪へのリスク管理態勢構築を総合的に支援する耐性強化サービス(PwC)

PwCは、サイバー犯罪への耐性強化サービスの提供を開始した。企業のセキュリティ対策の実施状況に合わせてコンサルティングを行う。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は8月28日、サイバー犯罪への耐性強化サービスの提供を開始したと発表した。本サービスは、全社的なセキュリティ水準の向上を目指す戦略の立案からシステムの導入、自社の弱点を補うセキュリティ対策の実装、既存対策の実効性・網羅性の第三者評価など、企業のセキュリティ対策の実施状況に合わせてコンサルティングを行うというもの。

本サービスは、「戦略・計画」「体制・ルール」「インテグレーション」「教育・監査等」の4つの分野に大別され、フォレンジック調査やシステム監査など、幅広い専門知識を有するコンサルタントがクライアントの状況に最も合致した解決策を提供する。同社では、高度化、複雑化したサイバー犯罪に対応するには、本サービスのような総合的かつ網羅的なセキュリティ対策が不可欠としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×