Clarkeが新たなRuggedCom脆弱性を指摘〜ハードコードされたRSAキーに新たなバックドア(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Clarkeが新たなRuggedCom脆弱性を指摘〜ハードコードされたRSAキーに新たなバックドア(The Register)

国際 TheRegister

4月に産業用制御ベンダーRuggedComに対し、同社のROSオペレーティング・システムに基づいた制御システム内のバックドアを介してPingを実行したJustin Clarkが、ハードコードされたRSAキーの形式で、第二の脆弱性を発見した。

最初のバックドアは、管理パスワードが紛失した場合に、管理アクセスを提供するよう設計されたシンプルな隠しアカウントだった。事態が明らかになると、同社はこのバックドアを停止するパッチを発行した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×