ユーザーが登録している「現住所」「出身地」に応じた災害情報を「mixi」TOPページに掲載(ミクシィ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

ユーザーが登録している「現住所」「出身地」に応じた災害情報を「mixi」TOPページに掲載(ミクシィ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ミクシィは27日、災害発生時にSNS「mixi」を通じて災害情報を配信する取り組みを発表した。防災の日である9月1日よりサービスを開始する。

 9月1日以降、ユーザーが「mixi」に登録している「現住所」「出身地」(都道府県単位)において、震度5弱以上の地震が発生した場合、「mixi」の全デバイス(スマートフォン/フィーチャーフォン/PC)のTOPページにて、震源地や地震の規模(マグニチュード)、震度などの災害情報を掲載する。

 mixiでは、東日本大震災直後に投稿数が通常時の約8倍(地震直後の15時台と地震前の11時台の比較)にまで上昇。翌日以降も約2~3倍の投稿が続いたという。現在でも、震災関連コミュニティには、25万人以上が参加しているものもあり、ボランティア情報などが紹介されている。

mixi、震災時に災害情報を配信……「現住所」「出身地」などに応じ情報をトップ掲載など

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×