アサンジが…クエーカーからの援助を求める?〜窓からのぞき、自由を求め、世界に語る(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

アサンジが…クエーカーからの援助を求める?〜窓からのぞき、自由を求め、世界に語る(The Register)

アサンジは告発者の正義を数多く求めており、言論の自由に反対する人々への「レスポンスにおける絶対的な結束と決断」を要求している。

国際 TheRegister
ジュリアン・アサンジがロンドンのエクアドル大使館のバルコニーに姿を見せ、自身の窮状は米国の偽善のせいだとする声明を出した。

声明でアサンジは米国に、「同国が基礎を置いていた価値観に戻り、再確認すること」、そして我々に「起訴されることを恐れてジャーナリストが沈黙し、市民が暗がりでひそひそ話をするような危険で弾圧的な世界」にいることを気づかせぬよう、自分を追うのをやめることを求めている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×