Googleが抜け目の無いクラックにキャッシュをばらまく〜バグ報奨金制度を加速して200万ドルの賞金を提供(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

Googleが抜け目の無いクラックにキャッシュをばらまく〜バグ報奨金制度を加速して200万ドルの賞金を提供(The Register)

国際 TheRegister

Googleがバグ報奨金制度をアップグーレードし、脆弱性の報告に対する奨励金を増額しているが、10月に開催される最新のPwnium Chromeハッキング・コンテストでは200万ドルを用意する。

同社のChromium脆弱性報奨金プログラムは、新しいバグを確認した研究者に100万ドル以上支払っており、これは非Chromium脆弱性に支払われたおよそ50万ドルを遥かに超えている。しかしGoogleのセキュリティソフトウェア技術者Chris Evansによれば、これはまだ、ハッカーが興味を持つのに十分な額ではないという…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×