Googleが抜け目の無いクラックにキャッシュをばらまく〜バグ報奨金制度を加速して200万ドルの賞金を提供(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

Googleが抜け目の無いクラックにキャッシュをばらまく〜バグ報奨金制度を加速して200万ドルの賞金を提供(The Register)

特にGoogleは、64ビット・コードの欠陥のほか、とりわけIntelのハードウェアでGPUドライバーの欠陥を探している。

国際 TheRegister
Googleがバグ報奨金制度をアップグーレードし、脆弱性の報告に対する奨励金を増額しているが、10月に開催される最新のPwnium Chromeハッキング・コンテストでは200万ドルを用意する。

同社のChromium脆弱性報奨金プログラムは、新しいバグを確認した研究者に100万ドル以上支払っており、これは非Chromium脆弱性に支払われたおよそ50万ドルを遥かに超えている。しかしGoogleのセキュリティソフトウェア技術者Chris Evansによれば、これはまだ、ハッカーが興味を持つのに十分な額ではないという…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×