目立ちたがりのShamoonウイルスにPCが驚愕〜一部エネルギー分野を標的とするマルウェア(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

目立ちたがりのShamoonウイルスにPCが驚愕〜一部エネルギー分野を標的とするマルウェア(The Register)

Shamoonの風変わりなオペレーティング技術から、このコードはFlameと同じ作者の系統に属するのではないかと噂になった。

国際 TheRegister
今日、大部分のマルウェアは検出を避けるべく目立たぬよう振る舞おうとしているが、感染したシステムのドライブをワイプする新種が報告されている。

イスラエルのセキュリティ企業Seculertの分析によれば、このShamoonソフトウェアは2段階の攻撃を行う。ネットワーク上のシステムが感染すると、同コードがネットワーク共有を介して、インターネット接続していないマシンも含め、他のシステムからデータをかき集める。次に、標的システムの全てのデータがワイプされ、システムを機能停止させるため、マスターブートレコードを上書きする…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×