人気Web兵器に「キルスイッチ」の欠陥が発見され犠牲者が安堵〜DDoS攻撃者に形勢逆転(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

人気Web兵器に「キルスイッチ」の欠陥が発見され犠牲者が安堵〜DDoS攻撃者に形勢逆転(The Register)

「DDoS攻撃者は、標的のアーキテクチャやコードに弱点を見つけ、利用することを得意としている。この脆弱性の報告で、我々は立場を逆転させ、彼ら自身のツールにある重要な弱点を明らかにした」と彼は言う。

国際 TheRegister
セキュリティ研究者たちが、人気のDDoS攻撃ツールに攻撃を中和する便利な方法を提供する脆弱性を発見した。

Dirt Jumper Distributed-Denial-of-Service(DDoS)Toolkitは、入手可能な攻撃ツールのうち、もっとも人気のあるものの一つだ。セキュリティニュースWebサイトKrebsonSecurity.comに対するデジタル攻撃で用いられ、ここ数ヶ月に非常に多くの犠牲者が出た。この攻撃手段は障害の起きた一連のコンピュータに、正当なビジターが接続できないよう、Webサイトをトラフィックで氾濫させるよう命じるものだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×