「震災時帰宅支援マップ・首都圏版」を8月22日から発売開始、安全確保を推奨する「一時滞在マニュアル」も掲載(昭文社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

「震災時帰宅支援マップ・首都圏版」を8月22日から発売開始、安全確保を推奨する「一時滞在マニュアル」も掲載(昭文社)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

昭文社は、「震災時帰宅支援マップ・首都圏版」を8月22日から発売すると発表した。

震災時帰宅支援マップ・首都圏版は、大地震が発生し都心の交通網が麻痺した際、自宅まで歩いて帰るためのサポート地図。2005年に発売した初版は2か月で57万部を発行した。以降、毎年「防災の日」を前に更新版を出版、発行部数は累計110万部を超えるロングヒット商品。

昨年の東日本大震災では、都心で実際多くの帰宅困難者が発生したことを受け、昨年版は「距離と時間を検討できる地図」「震災時対応マニュアル」など、実用性を加味した内容を追加した。

今回発売する2012年版では、2013年4月に東京都で施行される「帰宅困難者対策条例」に基づいて、無理に移動しようとせず、安全確保を推奨する「一時滞在マニュアル」を掲載した。外出中や職場で被災した場合、どうすればよいか、一時滞在場所をどう決めればいいのかをまとめ、フローチャートなどを使ってシミュレーションできるようにしている。

また「帰宅支援ルートマップ」や「東京都心図」には「広域避難場所」「帰宅支援ステーション」を掲載しているが、新たに都関連施設や協力体制がとられる一部民間企業など、一時滞在施設として登録されているものも地図上に表記した。

さらに、日頃からの防災意識を高め、いざという時に速やかな判断をするための「地震が起こる前にできること」「地震が起こったらすること」をまとめ、切り取って使える携帯用防災カードを新たに追加した。本人情報や家族の連絡先を記入する「安否確認カード」、「NTT災害用伝言ダイヤルの使い方」も掲載している。

価格は840円。

震災時帰宅支援マップ・首都圏版2012を発売

《編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×